悩みを根本的に解決して心がラクになるためのプロセスと具体的な方法

こんにちは!
リトリーブサイコセラピー®でお悩みや心の問題の根本解決をサポートする
心理セラピストの白鳥大介です!
>>>プロフィールはコチラ

ここでは
「悩みや心の問題が解決できなくて、どうしていいかわからない( ノД`)」
「どうしたら心がラクになるの…(´;ω;`)」
「不安や生きづらさってどうしたら無くなるの?」
「悩みから解き放たれて心の安心や自由、しあわせを手にいれたい!」

そんな人に向けて、悩みを解決して心の安心や自由、しあわせを得るための方法と、そのための心の基礎知識をお伝えします。

今日は悩みや生きづらさ、うつやパニック障害などの精神病理など、ありとあらゆるを心の問題を根本的に解決して心がラクになるためのプロセスと具体的な方法を解説しますね。

悩みを根本的に解決して心がラクになるためのプロセスと具体的な方法

悩みを解決するまでのプロセスは以下の通りです。

悩みを解決するまでのプロセス

①悩みがあり生きづらい、不安、恐怖などで先が見えずどうしていいかわからない最初の状態。

②悩みの根本原因に気づく。

③目標を設定し、変化・成長することを決意する。

④悩みにひもづいている未完了の問題や感情をいやして終わらせていく。

⑤安心感を育てて悩みを手放し、行動・成長・自立する。

ではそれぞれのプロセスについて詳しく解説していきましょう。

①悩んでどうしていいかわからない状態から②悩みの根本原因に気づく

まずは悩みや生きづらさの原因や、問題を感じているときに自分の中で何が起こっているのかに気づくことが大事です。

悩みの原因とは以前のブログで書きました3つの事柄です。

  • 問題や悩みを持つことで得られているメリット<二次利得>
  • 問題にひもづく不安や恐怖、トラウマが過去のどこからきているのか。
  • 問題を作り出す「偏った思考や捉え方」、「行動パターン」、「人とのネガティブな繋がり方」、「信念や思い込み、価値感」、「人生脚本」などがどこからくるのか。

そして、これら悩みの根本原因は過去の幼少期の家族や親との関係からきているものがほとんど。

記憶があいまいだったり、無意識の反応だったりするので、ここは専門の心理カウンセラーにお願いして話を聞いてもらいながら明らかにするのがベストだと思います。

二次利得や恐怖、人生脚本についての解説はこちらの記事を読んでみて下さい。

悩みを解決できない本当の理由~二次利得とは~

思考や行動を変えることがかえって悩みや心の問題の悪化につながる理由~恐怖とは~

悩みは実際どこに向き合えば解決するの?~投影と人生脚本とは~

③目標を設定し、変化・成長することを決意する

原因に気づいた上で、次に現状からどう変わったら解決かを考えて目標設定をします。

ここで、過去や他人は変えられない、相手がどう感じどう行動するかは自由なので「あの人が変わったら解決!」というような、人を変えることが目標になってしまったらNG

人間関係の悩みであっても、あくまで悩みの当事者は自分だという意識を持って、「相手が変わらなくても自分はこうなりたい!」というような自分の目標を設定することが大事です。

ここも専門の心理カウンセラーと一緒に相談しながら目標設定したほうが、納得するものが得られてスムーズだと思います。

また、悩みを解決するということはそれまで得られたメリット<2次利得>を手放すことにもつながります。

例えば、人が怖くて言いたいことが言えず我慢してきた人が、自分の気持ちを伝えられるようになりたいと目標設定した場合、それまで言いたいことを飲み込むことで人に嫌われたり無視されずに済んできたり、攻撃・否定されずに済んでいたというメリットを手放すことになります。

解決したら嫌われたり、攻撃されたり、傷つくことだってあるかもしれない。

これって怖いですよね(;’∀’)。

でも、ここをしっかり葛藤して「それでももう悩みを解決したい!こんな生き方やめたい!だから、この恐怖と向き合ってでも自分が変わる!」と決意することが大事です。

④悩みにひもづいている未完了の問題や感情をいやして終わらせていく

例えば、言いたいことを言えず我慢して悩んできた人は、小さい頃に両親に言いたいことや感情や本音を出させてもらえていないことがほとんど。

言いたいことや泣いたりして感情を表現したら

  • 泣くな!と怒られた
  • 虐待や暴言、否定を受けた
  • 受け取ってもらえず無視された
  • 家族に迷惑をかけてしまい自分の居場所がなくなるんじゃないかと怖かった
  • いい子にしていないとダメな自分を感じてしまい、無価値な存在になってしまいそうで怖かった

などなど、過去のいろんな恐怖やトラウマにつながっています。

こんな問題に関係している過去の幼少期の未完了の恐怖や感情を
「本当は怖かった、不安だった、悲しかった、怒ってた、~してほしかった」
etc…思い出し言葉にすることが大事です。

言葉にしてあげると心のいやしが起こるんですよ。

これはノートに書いたり心理ワークなどをやりながらと、一人でできなくもないんですが、とても時間と労力がかかります。

特に恐怖は人が一番感じたくない感情なので、一人で克服するのはとても難しいんです。

しっかり根本から解決したいなら恐怖や感情を扱い癒すことのできるプロの心理セラピスト心理セラピーセッションをお願いするのが一番てっとり早い方法だと思います。

また、人に受けとめてもらったほうがいやしも加速します。

⑤安心感を育てて悩みを手放し、行動・成長・自立する。

仕上げとして最後に心理セラピーやそこでの心理ワークを行いながら、心に安心感や信頼感を育んでいきます。

「人って怖くない」
「言いたいことを言ってもひとりになったりしない」
「私が自分の感じたとおりに生きることは誰かに迷惑をかけることじゃない」
「私は悪くない、ダメじゃない」

などなど、色んな安心の感覚を育てて、ネガティブな思い込みや価値観、恐怖を手放して新しい感覚を育てていきます。

そして、実際に目標にした行動を起こして現実を変えていきます。

失敗しても受けとめてもらえる体験うまくいった体験を積んでいきながら自分の幸せな世界を創造していきます。

以上が、悩みを根本的に解決して心が楽になるためのプロセスと具体的な方法です。

<具体例>対人恐怖に悩んでいたAさんが悩みを解決するまでのプロセス

例として、対人恐怖に悩んでいた女性Aさんの悩みの解決のプロセスを見てみましょう。

①現状
Aさんは、いつも人の顔色や人からどう思われるか気にしては人づき合いに疲れていました。
最終的にはダメな自分を見られて嫌われるんじゃないかと怖くなって、友人関係を自分から切ってしまったり、職場で居場所を感じられなくなっては辞めてしまうということを繰り返して、今も失業中。
自分責めと孤独が辛くなりカウンセリングを申し込んだのでした。
②原因
Aさんは人を怖がり、人間関係や職場を自分から離れて孤独でいることで、人からダメな自分がバレて嫌われたり、居場所がなくなったり傷つかずに済んでいるというメリット<二次利得>に気づきました。

また、この問題の恐怖をさかのぼっていくと、小さい頃、両親の顔色をうかがって気をつかいながら、失敗をしないようにちゃんとしていい子にしていないときつく怒られ、そのころからダメな自分を責めていた記憶がよみがえりました。
また、大きな失敗をしたときは罰として口をきいてもらえず家から追い出されたトラウマも思い出され、ダメな自分を出すと親から嫌われて見捨てられる恐怖につながっていることにも気づきました。

③目標・決意
Aさんは「もうひとりはイヤだ」と涙ながらに言いました。
限界でした。
「メリットを手放してダメな自分を見られて嫌われたとしても、どんな自分も認めて信じたい友達やこれから関わる職場の人とは自然に関わりたい」と、変わることを決意しました。
④癒し
心理セラピーの技術で小さい頃の彼女の感覚をさかのぼり、ずっと蓋をしてきた「いい子にしていないと両親から嫌われたり、居場所がなくなることが怖かった」ということ。
「本当は両親に失敗してもダメなところがあっても受けとめてほしかった」という悲しみに向き合い、感情と涙があふれてきました。
その感情と涙をセラピストに受けとめてもらうことで癒し、「ダメな自分を出しても嫌われたり、ひとりになったりしないんだ」という安心感をそこで体験しました。
⑤行動・解決
後日、彼女は心理セラピーで感じた安心感と勇気をむねに、不安をのりこえ再就職。
徐々に周りの人は自分をダメだなんて思っていないことに気づき
「失敗してもダメじゃない」
「ダメな自分を出しても嫌われない、居場所はなくならない」
という感覚をその後も育てていき、自分からも人に頼ったりラクに関わることができるようになっていきました。
その後、仕事も新しくできた友人ともうまくいって楽しく幸せに暮らしています。

悩みを解決して心が楽になるためのプロセスをトータルで手早く扱う手法とは

これら①~⑤までのプロセスを長く語ってきましたが、もしかすると「けっこう大変じゃね?(;´Д`)」って思った人も多いかもしれませんね(笑)。

でも、そこはご安心を!
このプロセスを一気に取り扱う手法があります。

それが僕が心理セラピーとして取り入れている「リトリーブサイコセラピー」です。

悩みの裏にある原因・背景をひもとき、気づき(カウンセリング)→癒し(セラピー)→解決までの全てのプロセスをトータルで扱います。

また、悩みの解決だけで留まらずクライアントさんの人生をトータルで見ながら、心の安心をベースにした土台工事をして、自由で幸せな人生が送れるようにサポートします。

しかも、心理セラピーセッション1回で悩みが解決する人もいますし、平均でも3回前後のセッションで悩みが解決し、「心がラクになった」「人生が激変した!」という声まで出ています。

だから長いスパンや何回も通う必要はなく短期間での変化が見込めます。

リトリーブサイコセラピーの詳しい説明に関してはまた後日ブログでお話したいと思いますのでお楽しみに!

悩みの解決の第一歩、それは原因を知ることです。
そんなときリーズナブルな電話カウンセリングがオススメ☆
僕も含め、プロのカウンセラーがしっかりあなたのお悩みを整理してくれます!
(詳細は画像をクリック↓)

また、この記事を読んでピンと来た方、気になった方
さらに深い心理のお話、自分の悩みや心の問題を解決するヒント、最新情報をメールマガジンでも配信しています。
無料で登録できますので是非ご登録下さい。

心が鳥のように自由になる心理学

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ではまた!

ABOUTこの記事をかいた人

白鳥 大介

はじめまして、白鳥大介です。 心理カウンセラー・セラピストとして札幌を拠点に活動しています。 あなた自身のお悩みはもちろん、お仕事や職場、家族などの人間関係のお悩みや不安など、あなたが抱えている生き辛さやしんどさの根本原因を見つけて、心の安心とあなた本来の自信に満ち溢れた自由で幸せな人生を取り戻すお手伝いをしております。