人が怖いのはどうして克服できないのか?対人恐怖症を根本的に解決する方法

こんにちは!
リトリーブサイコセラピー®でお悩みや心の問題の根本解決をサポートする
心理セラピストの白鳥大介です!

>>>プロフィールはコチラ

今回は職場や普段の生活での人間関係で
人と関わること怖い
人にどう思われるか怖い
人に嫌われたり否定されたり攻撃されることが怖くて言いたいことが言えない
いつも気を使ってビクビクしてしまう

などそんな対人恐怖に悩んでいる人にむけて

人が怖いのはどうして克服できないのか?、その心理的な原因と、対人恐怖症を根本的に解決する方法をお伝えします。

YouTubeでも解説していますので、動画学習がいい方はこちらをご視聴下さい↓
★人が怖いのはどうして克服できないのか?対人恐怖症を根本的に解決する方法

人が怖いのはどうして克服できないのか?

対人恐怖にはいろんな克服法がありますし、考え方や捉え方を変えてみるなど、気軽に自分でできるものも多いので試してみた人も多いと思います。

ただ、それで一時はラクになったけどどれもその場しのぎだったり、時間が立つとまた怖くなったりとかで根本解決に至らなかったってことはありませんでしたか?

こんなふうに対人恐怖はなぜなかなか克服できないのでしょうか。

結論いうと、対人恐怖にはそれを持っていることで得られているメリットがあるからです。

★悩みや問題を持つことで得られるメリットについてはこちらの記事もどうぞ

悩みを解決できない本当の理由~二次利得とは~

対人恐怖を持つことで得られるメリット

人を怖がって人と関わらなければ、顔色を伺って言いたいことを我慢していればどんないいことがあると思いますか?

  • 人と関わらなければ、攻撃されたり否定されたり無視することもない
  • 恥ずかしい思いやみじめな思いをすることもない
  • 人の顔色を伺っていれば、嫌われることもない
  • それらで傷つくことも極力ない
  • 自分を守れて安心


これら全部メリットです。

だから逆に対人恐怖を克服してしまったら、その避けられてきたものが現実になるかもしれない。攻撃されたり無視されたり傷つくかもしれない。

そんなメリットを手放しても対人恐怖を克服したいと思いますか?

たぶんそう言われると解決するのがなかなか怖いんじゃないかなと思います。

この実は対人恐怖症にくっついているメリットを握りしめて手放せないことがそもそも対人恐怖をなかなか克服できない一番の原因です。

人が怖くなくなったり、傷つかなくなる自分になる方法?

ここでよく対人恐怖を克服した状態って、全然人が怖くなくなって、人に傷つけられても平気になることだって、だからそうなりたいんですけどどうすればいいですか?って僕のところに来る人も多いです。

気持ちはとーってもよくわかります。

でも、そんな方に向けて先日こんなツイートをしました。

白鳥大介Twitterリンク

どうでしょうか。

つまり、人間関係で傷つくことって現実的になくなると思いますか?それって例えばナイフで刺されても痛みを感じなくなるようなものですが、あると思いますか?

ないですよね。

恐怖がなくなったり傷つかなくなる自分になるということは一見ありそうですけど、実は現実的に無理です。それってロボットになるようなものです。

人と関わるということはそこに色んなリスクがあるということ、そこだけを避けて人と関わるということも世の中色んな人がいる以上もちろん現実的に無理なわけです。

今までそのリスクを避けられたってことこそメリットであり、解決するならその恐怖や色んなリスクを受け入れる覚悟が必要なんです。

例え人に否定されたり攻撃されたり無視されたとしても、メリットを手放してでも人と関わっていきたいのか?人とどう関わっていきたいのか?人と関わることで何を得たいのか?どんな感覚を得たいのから関わりたいのか?

恐怖やメリットと解決した先に得られるものを天秤にかけて、しっかり葛藤することがとても大事になってきます。

克服には恐怖やリスクを受け入れる覚悟が必要です

でも、今はメリットのほうがでかいかもしれないけど、今後対人恐怖を持ったまま、10年、20年、30年と経っていったらどうですか?

死を迎える前、どんなことを思うと思いますか?想像してみて下さい。

きっとメリットと引き換えに失っていくものやデメリットのほうが大きくなっていくと思います。

孤独感を感じたまま一生を終わるかもしれない
もっと人との関わりの中で幸せや喜びを感じられたかもしれない
いっぱい後悔するかもしれない

でも、今のままなら傷つかない。

いっぱい葛藤してみて下さい。

対人恐怖がなかなか解決できないのはずばり葛藤が足りずメリットを手放して恐怖やリスクを受け入れる覚悟と決意をしていないからです。

逆にいえば葛藤して「もし恐怖を感じても傷ついたとしても解決したい、人と関わっていきたい」そんな意思を自分が主体的に持つことが何より根本解決につながっていきます。

対人恐怖を根本的に解決する方法

ではその後、具体的に対人恐怖を解決するにはどうすればいいのかをお話します。

まずはその恐怖が現実か妄想か、その仕分けをする

まずはその恐怖が実際に起こっていることなのか、それとも自分の中だけでの不安や妄想なのか、その仕分けをすることが大事です。

例えば、「人に関わったり自分から近づいたら拒否されそう、攻撃されそうな感じがあって怖くて近づけない」とか「悪口を言われている気がする」という場合。

これはそうされそうってだけでまだ現実起こってないですよね。悪口も証拠があるわけではない。

自分の中で勝手にそうされそうって妄想しているだけで、その妄想を膨らませて人に関わらないことでさっき言ったようなリスクを避けられているというメリットがあります。

そしてその不安や妄想というのは、過去そういう怖いことが実際起こったことがあるから感じているもので、その大本の多くが幼少期の家族との関係であったトラウマであることがほとんどです。

妄想が膨らむのは過去のトラウマが原因

幼少期のトラウマというのは例えばこんな感じです。

  • お父さんやお母さんに自分から近づいたり求めたら、拒否された、否定された、嫌われた。
  • 虐待やネグレクトを受けていた。
  • 両親のケンカが絶えず、怖かった。お父さんがお酒を飲んで暴れていた。
  • お母さんがヒステリックでいつ怒りのスイッチが入るかわからなかったのでいつも顔色を伺っていた。
  • 両親が忙しかったり、辛そうだったりかわいそうで自分の欲求を感じて近づくことがどこか迷惑をかけるような気がして近づけなかった。
  • 男なんだからとか、お姉ちゃんなんだからと言われて、甘えさせてくれなかった。
  • 助けを求めても自分でどうにかするように言われた、お前が悪いと言われた。


などなどこんな経験やトラウマです。

また、家族以外でも学校などでのいじめの経験も対人恐怖の原因になるトラウマになります。

原因になっている過去のトラウマを克服する方法

トラウマが原因の場合、自力での克服やカウンセリングで相談するだけでは解決はかなり難しく、心理セラピーが専門とするところです。

あらゆる悩みを根本的に解決する手法<心理セラピー>とは

そのトラウマを心理セラピーで扱って癒やすこと、心理セラピーを通して人と関わったり欲求を出して近づいても怖いことが起こらないということを体感して腑に落として安心感を育てていくことをおすすめします。

その上で、メリットを手放して人と関わっていくことを自分から選択することで対人恐怖は手放せます。それでさらに成功体験をつんでいくと自信もついて安心感はより強化されていくでしょう。

ここで注意ですが、トラウマを扱う前に怖いまま無理やり行動を変えて人に近づくことはおすすめしません。

人に対する悪い妄想がもし現実になってしまったときにもっと人が怖くなって、対人恐怖が強化されてします。この強化行動に関しては以下の記事で解説しています。

思考や行動を変えることがかえって悩みや心の問題の悪化につながる理由~恐怖とは~

先にトラウマを扱って癒やし、安心感を育ててから、行動を変えていくというのがベストな流れです。

現実に怖いことが起こっている場合の対処法〜モラハラ・パワハラなど〜

対人恐怖というとここまでの妄想型がほとんどだと思いますが、一応補足として妄想ではなく明らかに実際怖いことがもうすでに起こっているいる場合の対処法を解説します。

例えば、人間関係の中で否定されたり攻撃されたりしている、無視やいじめ、モラハラ・パワハラを受けているなどです。

これはまた別の問題になってきます。

詳しくは以下の記事で解説していますのでそちらをご覧下さい。

職場でモラハラ・パワハラ・いじめを受けやすい人の特徴と根本的な解決法

実際に人に嫌われてしまったときの対処法

また、人に近づいて仲良くなった結果、親しくしていた人に明らかに嫌われてしまったとか、気になっていた人にフラれてしまったなど、これも怖いことが現実に起こってしまったケースです。

これは悲しかったり、寂しかったり、ひどく落ち込んでしまうのは当然です。

まずは自分のその感情をしっかり受け入れることが大事です。

我慢する必要はありません。泣きたければ泣けばいいし、めいいっぱい悲しむことでその感情は終わります。

でも、対人恐怖に悩んでいる人の多くがネガティブな感情を感じることに対する恐怖があって抑圧してしまっていることが多いです。

結果、いつまでも引きずるし、消えてしまいたいとさえ思ってしまうことがあります。

また、「相手に嫌われたのは自分が悪いからだ」と思ってしまう人もとても多いです。

相手がどう思うかはコントロールできません。

別に自分が悪いことをしていないのに相手の中で何かしら反応が起こって嫌われてしまったからといって、別にあなたが悪いわけではないんです。

でも、そう思えないんだとしたら、自分の中に自己否定の問題があるということです。

これも幼少期、両親に嫌われてしまった、それが自分が悪いからだと思い込んでしまったとか、否定を受けてきたなど過去のトラウマや思い込みが原因であることがほどんどです。

まずはそのネガティブな感情を感じる恐怖自己否定の問題も心理セラピーなどで解決することをおすすめします。

うすると現実に怖いことが起こっても、その時は落ち込みはするけど、自分に原因があると結びつけることがなくなるので立ち直りもぐっと早くなっていくと思います。

人との間でついた傷を癒やすのも人の力

最後に、対人恐怖を持った人の多くが当然人との関係で傷ついてきてだからこそ、人を怖がって近づかないことで自分を守ってきた、そういう人が多いと思います。

これは僕も経験してきたことなので、この傷の痛みや恐怖の感覚はよくわかります。

さみしくて人と温かいつながりがほしいのに、近づくのが怖くて辛い、またあのときのように傷つきたくない。

でも、人から傷つけられた傷はまた自分から求めて人とつながることや否定してきた自分ともう一度繋がることでしか癒やすことができません。人に傷つけられた傷は人とのつながりでしか癒せないんです。

だからこそぜひ勇気を持って妄想を手放して、また人とつながるっていうことを選択していってほしいと思います。

そうすると対人恐怖が解決するだけではなく、人の繋がりの中で安心感やあたたかさ、喜びや幸せを感じられるようになって人生が豊かなものになっていくと思います。

とはいえ、人が怖いと心理セラピーを受けるのもかなり敷居が高いと思いますので、まずはカウンセリングなどで対人恐怖がどこから来ているか整理するだけでもいいと思います。

全国どこでも、とてもリーズナブルな料金で相談できるこんなサービスがありますよ↓

日本リトリーブサイコセラピー協会電話カウンセリングサービス

https://jnpta.com/telcounseling

また、ぼくの初回カウンセリングもオンラインで全国どこでも受けられますので、体験して見たい方はぜひどうぞ↓

https://www.reservestock.jp/pc_reserves_v2/courses/11624

また、自分の悩みや心の問題を解決するヒントやふかい心理のお話、個人セッションのご案内やセミナー・イベントの最新情報などをメールマガジンでお届けしています。
無料で登録できますので、詳しく学びたい方はぜひご登録下さい。

心が鳥のように自由になる心理学

もしこの記事に共感して頂けたら、SNSなどでシェアしていただけたらうれしいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
ではまた!

ABOUTこの記事をかいた人

白鳥 大介

はじめまして、白鳥大介です。 心理カウンセラー・セラピストとして札幌を拠点に活動しています。 あなた自身のお悩みはもちろん、お仕事や職場、家族などの人間関係のお悩みや不安など、あなたが抱えている生き辛さやしんどさの根本原因を見つけて、心の安心とあなた本来の自信に満ち溢れた自由で幸せな人生を取り戻すお手伝いをしております。