リトリーブサイコセラピーと心理カウンセリングの違い

こんにちは!
リトリーブサイコセラピー®でお悩みや心の問題の根本解決をサポートする
心理セラピスト@札幌の白鳥大介です!

なんかニュースでやっていたんですが内地のほうでは今年花粉が猛威を振るうとのことですね(-_-;)。
内地だけじゃなくて北海道でもですが、昨年花粉症でひどい目に遭いまして…。
北海道は杉がほどんどないので、他にいろいろデビューした模様( ノД`)。
昨年までマスクだけで対処してたんですが、今年はちょっと病院に行って予防しようかと…。

・・・

さて、今日のテーマです。

リトリーブサイコセラピーと心理カウンセリングの違い

最近お問い合わせも増えてきまして、改めてこの話題に触れてみたいと思います。
ずばりリトリーブサイコセラピー(心理セラピー)と心理カウンセリングの違い。

2つは全然違うんですが、知らない人からしたら違いなんて分からないですよね。
カウンセリングもセラピーも僕がよく聞くのは両方とも似たようなもんでこんなイメージ。

・悩みを聞いてもらえる。
・わかって寄り添ってもらえる。
・自分の心を見抜かれる(メンタリスト的な笑)。
・アドバイスをくれる。
・お説教される(笑)。
・怪しい、宗教じゃないの?(笑)

はい、色んな心理セラピーや心理カウンセリングがあるのでわからないですが、合ってるっちゃ合ってるのかも(でも、僕はお説教はしないし、怪しくもなければ宗教でもないよ笑)。

ただ、厳密に言うと、これだけじゃないというか。
そして、リトリーブサイコセラピーに至っては合っている部分もあるけど基本全然違います。
そこらへん見ていきましょう。

心理カウンセリングとは?

あくまで僕の勝手な見解ですが、カウンセリングはお話や相談の中を聞いてもらいわかってもらい、そこから捉え方の偏りや認知の歪みなどに気づいてもらうことがまず最初。

捉え方の偏りとか認知の歪みっていうのは例えば

・上司から注意→「私は責められている、攻撃されている」→「私なんていないほうがいいんだ」
・「私はどうせ誰からも愛されない」
・「私が自由にすること」は「人に迷惑をかけることだ」「親を見捨てることだ」

など、因果関係のないことをつなげてしまったり、物事を極端に捉えてしまっている状態です。
悩みを作り出している捉え方や見方に気づき、それらや行動をクライアントさん自身が変えることによって、問題を解決したり現実を変えていくというものがメインです。

それに対して

リトリーブサイコセラピーとは?

リトリーブサイコセラピーはクライアントさんの悩みを作り出す心の深い無意識にある感覚や感情(特に恐怖)を丁寧に取り扱います。

もちろん最初はカウンセリングから入るのですが、お話を聞かせてもらうだけではなくクライアントさんに合わせて心理療法や心理技術をオーダーメイドで駆使し、恐怖を癒し、安心感を育てていくことで問題に対する反応が無理に変えようとしなくても自然と変わっていくのが特徴です。

例えば、
・周囲の人(子ども、パートナー、両親、職場の上司など)にイライラしなくなった。
・死にたいという感覚がなくなった。
・怖いと思うことがあまり怖くなくなった。
・どこにいても自然と居場所がある感覚を感じられるようになった。
・苦手な人が苦手じゃなくなった。
・恋愛のパターンが変化した。
etc…

捉え方の偏りや認知の歪みも過去の恐怖やトラウマ体験からそう思い込んでしまったものなので、このほうが時間もかからず、より自然に根本的に変わることができます。

そして、悩みや問題を持つことで得られるメリット<2次利得>※を取り扱うので、しっかり向き合えばリバウンドもなく悩みや問題を手放せるのも特徴です。

※例えば、上司に言いたいことを言えず悩んでいる人は気持ちを言わずに飲み込んでいることで攻撃されたり傷つかずに済んでいる、など

根性論や行動アドバイスはしません。
先祖や親のせいにするわけでもありません。
できないことを責めるわけでもありません。

あなたが変わるために何が必要か?
自分から気づいていくための心理的なカウンセリング方法と心理療法を組み合わせて
徹底的に問題の根本原因にアプローチして解決をサポートする心理セラピー。

それがリトリーブサイコセラピーです。


椅子も使って探偵のように問題の根本をひも解いていきます

リトリーブサイコセラピーを安くお手軽に体験する方法

というわけで、心理セラピーとカウンセリングの違いは頭では理解できたと思います。

しかーし!!

・じゃあ心理療法って何?もっと具体的にどんなことするの?
・2次利得とか専門用語ばっかりで拒否反応が….。
・じゃあ自分の恐怖って何?メリットって何?
・…って言ってもいきなり個人セッションは勇気がいります。
・お金がない…

という方も多いのではないでしょうか。
そんな方に向けてリトリーブサイコセラピーを手軽に体験して頂くためにこんなイベントを企画しましたよ!

3/31(日)@札幌
あらゆる悩みや不安を手放して心の安心と自由を手に入れる方法
~リトリーブサイコセラピーワンデーセミナー&オープンセッション~
https://www.reservestock.jp/events/325307

セミナー前半では問題を持つことで得ているメリット2次利得について。
色んな不安や恐怖の根源である“ダブルバインド”という問題について。
そして、心で感じる安心という感覚がどういうものなのかをワークを織り交ぜながら体感してもらい、心に安心感を育てる方法をレクチャーします。

そして、後半は実際にリトリーブサイコセラピーの手法を使ってオープンセッションを1本行います(もちろん守秘義務は厳守)。
リトリーブサイコセラピーってどんなことをするのか?!
2次利得とダブルバインドをどう取り扱い、どう解決に導くのかを生で見て体験できるチャンスです。
解説もしますので、自分の問題の解決の糸口を探す参考にもなるでしょう。

そして、以前のリトリーブサイコセラピーワンデーセミナー&オープンセッションに参加された方からはこんな声を頂いています。

H.H様
行動を変える前に自分の感情を癒すことが必要ということがわかりました。
インナーチャイルドを癒すワークで気持ちが楽になるのを感じたので、家でやってみようと思います。

M.S様
理屈と感情が一致しないことですごく悩みストレスを抱えていました。
意識と無意識の話で救われた気がします。
2次利得がすごく納得できました。

M.T様
自分の心の奥底にある感情を見つめるのがずっと嫌で怖かったですが、意を決して来てみてよかったです。
オープンセッション前から感情が溢れてきて大変でしたが、とても良い機会でした。

Y.K様
オープンセッションが良かった。
クライアントさんの体感の変化があざやかだった。
見ながら自分の課題が明らかになったので自分と向き合ってみたいと思えるセッションだった。

匿名希望様
セッションは、見ていたのと実際にやって頂くのとはやはり異なり、受けさせていただく事で、本当は両親がどのように感じていたのかが実感できました。どの人も一生懸命だったのだということが頭ではなく、心で感じられました。

Y.S様
リトリーブサイコセラピーってなんだろう?
そう思い、今回のセミナーに思い切って参加しました。
ダブルバインドの様々なパターンを教えて頂き、自分がいくつかのパターンにはまっている事に気付くことができました。
また2次利得についての説明もとても納得しました。
セミナー後半のオープンセッションでは自分一人ではなかなか気付くことができない自分の本当の気持ち、そして2次利得がわかり、スッキリしました。
短時間であそこまで知る事ができ驚きです!

匿名希望様
リトリーブではない心理学やセミナーやカウンセリングを受けましたが、
今イチストンと落ちるところまでいきませんでした。
今日はさらにもう一歩の入り口に立てた気がします。

はい、素敵なご感想頂きありがとうございました!

このセミナーではリトリーブサイコセラピーの基礎知識とエッセンスをギューッと1日で凝縮してわかりやすく楽しくお伝えします!!
この内容の濃さなのに赤字覚悟!破格の料金にしました!!(だんだん通販っぽくなってきた笑)。

また、前半のお話のテーマは変わりますが、大阪でもやります↓

【大阪】公認心理セラピストによるオープンセッション
「もしかして私、嫌われてる?」から抜け出す心のお話会
2019年3月21日(木・祝)

https://jnpta.com/seminar-event/201903_osaka

ぜひぜひお気軽にご参加ください!!
たくさんのご縁、楽しみにしています!

最後まで読んで頂きありがとうございました!
ではまた!

ABOUTこの記事をかいた人

白鳥 大介

はじめまして、白鳥大介です。 心理カウンセラー・セラピストとして札幌を拠点に活動しています。 あなた自身のお悩みはもちろん、お仕事や職場、家族などの人間関係のお悩みや不安など、あなたが抱えている生き辛さやしんどさの根本原因を見つけて、心の安心とあなた本来の自信に満ち溢れた自由で幸せな人生を取り戻すお手伝いをしております。